2013年4月29日 (月)

新しい視野を手に入れる機会に

日本で働く看護師の方に、知っておいてほしいことがあります。
世界には、戦争や紛争によって国を追われたり、飢餓や貧困に苦しんでいる人々がたくさんいます。
今の日本は平和な国なので、国を追われたり、紛争に巻き込まれたりすることはありませんよね。
しかし、同じ地球上の国々では、日常的に戦争や紛争が行われていたり、食糧難に見舞われていたりしています。
そして、医療機関も発達しておらず、病気やケガに苦しんでいる人々もたくさんいるのです。

そのため、1970年の国連総会決議で国際ボランティア計画(UNV)が設立され、国連では開発協力におけるボランティア活動の支援が続けられています。

国際ボランティアでは、医療支援や教育支援など、様々な支援が行われています。
日本からも、多くの看護師の方がボランティア委員として海外へ派遣されているのです。

病院を辞めた後のブランク期間に、海外ボランティアに行く看護師の方も多いようです。
日本での看護業務とはまた違った、新しい視野を手に入れる機会になると思います。
転職を考えている方は、短期海外ボランティアへの参加も考えてみて下さい。
きっとまた、違う視野が開けてくるのではないでしょうか。

2013年3月28日 (木)

心のケアは看護師の役割

現代は昔とは違ってみんなで一緒にやろうという事があまりありません。
そのために、病気になった時に誰にもいうことができずに孤独死をしてしまいます。

一人暮らしの人にとって病気になったとき一番助けになってくれるのが看護師です。
看護師の仕事は医療の現場で医師の手伝いをするだけではありません。
もう1つ重要なことは、心のケアをすることです。

心のケアは、なかなかできることではありません。
相手の立場になって考えることが重要になってくるために、看護師にしかできない役割です。

そして、看護師になったときにどこの病院で働こうかを迷ってしまう。
こうしたときの病院選びは重要になってきます。
病院選びの方法は、ハローワークで求人している病院を探すという人が最も多いかと思います。
しかし、看護師求人サイトを活用して転職先や求人活動をすることによって有効的な転職をすることができます。
病院によって待遇やサービス内容が違っているので、自分にとって有利な条件で仕事ができる環境を見つけてほしいと思います。

そして、何をするべきなのかときちんと考えてから病院探しをしなければ看護師の免許を取得して活躍することはできません。
看護師というのは、中途半端な気持ちでやってはいけない仕事なのです。

2013年2月27日 (水)

死を受け入れることも仕事

看護師の仕事は人の死と一番向き合う機会が多いです。
患者さんの笑顔が見たいとか元気になって退院をしていく姿を見守りたいと思っているのが看護師です。
しかし、看護師として精神誠意尽くしたけれど最終的にお別れをしなければいけない。
そんなときには精神的にも病んでしまいます。
看護師は、こうした人の死に嘆きそして悔やんでいるひまはありません。

死ということを最後まで見守る必要があります。
看護師も人間です。
なので、人の死に関して引きづってしまうこともあります。
こうしたことが原因で看護師としてやっていく自信を失って転職をしてしまう看護師もいます。

看護師になるという事は、全ての人が元気になって退院をするわけではないということを頭の中に入れておいれください。
看護師として、人の死をきちんと受け入れることができてそして次の患者さんのためにちからを尽くす。
こうした気持ちの切り替えも必要なのです。

もし、看護師の資格取得をして看護師として仕事をしたいと病院ではなく介護で活躍をしたいと思っているのであれば看護師求人サイトを利用して転職活動をするといいでしょう。
看護師として自分にぴったりな病院で活躍をすることができると思います。

2013年1月28日 (月)

看護師面接の際に聞かれること

就職する際に欠かせない「面接」。
看護師の面接の際には、いったいどのようなことを聞かれるのでしょうか。

看護師面接の際に、一番病院側が聞きたいことは、「どんな病院で、どんな仕事をしていたのか」ということです。
病院の種類や規模、勤務形態などによって、看護師の業務は異なっています。
そのため、ほしい人材も違ってくるのです。
なので、以前働いていた医療機関での業務内容や勤務年数などは、面接の際に必ず聞かれる項目と言って間違いないでしょう。

看護師としてどのような仕事を任されていたのか?
それは、詳しく聞かれる項目になります。
しっかりと自分の意見を言うことが出来るように、事前にまとめておくと良いと思います。

また、看護師という仕事は、チームワークが大切となる現場でもあります。
そのため、コミュニケーション能力がきちんとあるかどうかも判断されるポイントになりますね。

そして、なぜこの病院を選んだのかということも必ず聞かれると思います。
たくさんある病院やクリニックの中で、なぜうちを選んだのか?それをはっきりと伝えることが出来るようにしておきましょう。

また、看護師としての目標なども聞かれることがあると思います。
志を高く、意識レベルの高い看護師だということを伝えられるようにしてくださいね。

2012年12月20日 (木)

看護師はいつごろから?

看護師として働く方に、一つ知っておいてもらいたいことがあります。

看護師という仕事がいつから高度専門職業として位置づけられたか知っていますか?
高度な専門職として看護師が位置づけられたのは、かの有名なナイチンゲールによってです。
19世紀の半ばに、フローレンス・ナイチンゲールの登場によって、この世に看護師という職業が誕生したのです。

その前の看護の仕事というのは、17世紀以降から始まったキリスト教の修道女や修道士によって、病人を集めて日常生活の世話をする…といったものしかありませんでした。
彼らが神に仕えるための活動の一つにしか過ぎなかったので、一般的な職業としては認められなかったのです。

そうした宗教上の一環であった看護が、看護師という職業に確立されたのは、ナイチンゲールの存在あってこそです。
ナイチンゲールは、1854年に起こったクリミア戦争に、自ら看護師団を結成して出向き、敵味方の区別なく兵士の看護に当たりました。
これが看護師界における革命となったのです。

この時、ナイチンゲールの存在がなかったとしたら、看護師という職業はいまどんな形になっていたのかはわかりません。
ナイチンゲールの生き方や姿勢は、看護師として非常に学ぶことがたくさんあると思います。
機会があったら、書物などを見てみて下さいね。

2012年11月13日 (火)

認定看護師は半年間の教育が必要

専門的な分野で看護師としての能力を高めたいと思ったときに、認定看護師にならなければいけません。
この認定看護師になるためには、半年間の研修をしなければ認定看護師になることはできません。
それも、昼間の時間帯できちんと半年間の教育を受けなければいけないので、勤務をしながらだと非常に厳しい現実が待っています。

しかし、中には認定看護師の資格を取得するために、一回やめて認定看護師の資格を取得してからまた服飾をするという人もいます。
病院によっても対応が違っています。
研修ということで、働きながら昼間は研修をすることができたりする病院もあるので、認定看護師の資格を取得する場合には、病院選びも重要になってきます。

半年間という長い期間を現場を離れるわけなので、少し不安要素もありますが認定看護師の資格を取得することによって仕事をする幅も大きくなってきます。

もし認定看護師になりたいと思った場合には、看護師転職サイトを利用して条件のいい病院を探してほしいと思います。
看護師求人サイトには、一般公開されていない看護師求人情報もあるので好条件の病院で働くことができると思います。自分に有効的な転職の為の求人を見つけてほしいと思います。

2012年11月 6日 (火)

転職に失敗しないために

看護師の多くの方が人間関係に悩んでいます。
そして、人間関係がより良い職場を求めて転職したにも関わらず、転職先でも人間関係に悩まされてしまう方がたくさんいます。
さらには今までの環境の方がましだった…なんて後悔する場合もあります。
そしてその結果、看護師という仕事そのものが嫌になってしまう方も少なくありません。
そんな事態になってしまうのは転職に失敗したからです。
転職の失敗を回避するにはどうしたらよいのか…
悩む方は後をたちません。
そんな時おすすめしたいのが「看護婦求人転職サイト」です。
このサイトは転職アドバイザーに相談にのってもらうことができ、気になる病院やクリニックの評判をチェックすることもできます。
行き当たりばったりで転職先を選んでいる限り、転職に失敗する確率は高いままです。
あらかじめ調べて行動することが重要です。
きちんと調べてから転職に踏み切ることで、同じような環境の職場に転職してしまうという状況を避けることができるのです。
また、看護婦の勤務体系は仕事先で大きく変わります。
入院施設のある病院は夜勤の人が必要です。
診療所や個人の経営する施設は日勤が基本です。
このようなさまざまな勤務体系の中で自分に合ったものを見つけることも大切です。

2012年11月 3日 (土)

正看護師と准看護師の違いって?

正看護師と准看護師の勤務体系は大きく違います。
多くの場合、責任者は正看護師が担当し、准看護師が高い評価を受ける場面は少ないのが現状です。
緊急時に正看護師しかできない対応も多くあり、さまざまに制約を受けます。
スキルアップを目指すなら正看護師の資格は不可欠です。
准看護師は二年生、正看護師は三年生の学校に通います。
准看護師は都道府県主催の認定試験を受けますが、正看護師は国家資格で難関です。
さらに、准看護師は中卒でも取得可能ですが、世論で反発があるので廃止になる可能性があります。
このような中で准看護師の募集が減り、正看護師の求人しかしていない病院もあります。
また、正看護師になると助産師にスキルアップできるメリットも見逃せません。
一生の職業として看護師を選ぶのであればやはり正看護師を目指しましょう。
正看護師になることで転職先の範囲も大きく広がります。
また看護師は女性に多い職業です。
女性の多い職場は人間関係が複雑化する傾向にあります。
看護婦の仕事そのものが肉体的にも精神的にも過酷であり、そのうえ人間関係のストレスも重なると一つの職場で長く務めることがつらくなってしまいます。
よりよい環境で仕事ができるように看護婦転職サイトで求人をさがしてみるのもよいでしょう。

2012年10月30日 (火)

新生児集中ケアは今後重要になってくる

新生児集中ケアは、産まれてきたばかりの赤ちゃんを集中的にケアすることを目的として活躍をしています。

早産や病気を持っている赤ちゃんは、生きることに必死になっています。
その為に、早く新しい環境ですくすくと元気に育つことができるようにケアをしています。

新生児集中ケアで働く看護師には、新生児一人一人の観察力が非常に重要になってきます。
少しでも変化を見落としてしまうと、命に係わることになってくるのです。
それに、すぐには治らない病気にかかってしまった場合には赤ちゃんにとっては成長をするための環境になります。
なので、親子で過ごす時間というのが重要になってくることもあって、母親ができないことなどをする役割もあります。
赤ちゃんの成長記録を作ることも大切なことです。

親子で一緒にいることができない分、病院での思い出1つ1つが重要になってきます。

最近では、少子化と言われている世の中で1つの命を大切に育てるというのは非常に大切になってきます。
親から子供への虐待も問題視されている中で、新生児集中ケアをいうのは大切な期間です。
このような今後大切になってくる新生児集中ケアで看護師として働きたい場合には、看護師求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか??
希望に合った時間帯や給料で働くことができる病院を見つけることができます。
そのために転職にも有利になってくると思います。

2012年10月24日 (水)

使用頻度の高い用語

医療現場で使う用語は、まさにゴールがありません。
しかし、覚えていかなければならない現実があります。
使用頻度が高い看護師用語についてご説明をしたいと思います。
○完全静脈栄養
口から栄養を摂取をする事が難しい患者に対して、カロリーだけではなく、ビタミン・アミノ酸などの全ての栄養を大静脈に挿入をされたカテーテルから摂取をする方法です。
○外傷指数
外傷患者の重症度を評価する時に用いられる指数の事を言います。
外傷部位や意識のレベルなどが点数化をされていて、搬送する医療機関を決定する時や、ヘリコプターを要請する時に利用をされます。
○ガンツ
スワンガンツカテーテルを省略をした言葉になります。
心疾患が原因となって心機能が低下をした時、心機能の異常の詳細を知る目的で実施をされている検査になります。
○ガンマ計算
ガンマを求める時に用いられる計算式になります。
このガンマは、体重と時間に対しての薬剤投与量の事を言います。
ちなみにガンマ計算は、標準体重で行われます。
○既往歴
これまでかかった事のある病気の事を言います。
小児期や思春期といったそれぞれの各時期の疾患名などをまとめた書類を作成される事もあります。
病気を治療する上で、必要となる大切な物です。

2012年10月14日 (日)

半数の看護師が転職を考えたことがある

看護師をしている方の中には、転職を考えている方もいると思います。
看護師が転職を考えたことがある人の割合は、48%と約半数近くの人が転職を考えたことがあるという結果になりました。
ですが、転職を考えたことのない看護師の方も大勢いるということは、いいことでもあると思います。
転職を考えたことがあるという方の中で、今まで何回転職を考えた経験があるかと尋ねてみると、1位は数えきれない、2位は1~2回、3位は3~4回という結果でした。
看護師という仕事は、重労働でもあり決して楽な仕事ではないことが分かりますね。
転職を考えた理由としては、1位人間関係、2位待遇に対する不満、3位仕事内容に対する不満でした。
チームワークを必要とする医療現場では、人間関係は大切なんです。人間関係が仕事にも影響するケースもあるため、重要なことでもあります。
この他にも、スキルアップをしたいという理由もありました。
看護師が転職をするということは、大変なことでもあります。
自分が生き生きと仕事を続けられるような職場をみつけることも大切ですよね。
良い条件の職場を見つけるには看護師求人サイトがとても便利です。
サポート体制もバッチリなので、きっと良い職場を見つけることができると思います。

2012年10月11日 (木)

自力で看護師免許取得は面倒

看護師になる為には、まず看護師・保健師・助産師のどれかの免許を取得しなければいけません。
免許取得に加えて、5年間の実務経験が必要になってきます。
この5年間の中には、専門分野の看護師研修が3年以上、修士課程終了後の研修が半年以上です。
かなり厳密な決まりになっています。

なので、資格を持っていない人が看護師になる事は無理なのです。
そして、専門看護師の養成施設という場所があります。
これは、看護系の大学院のような場所です。

この大学院は、必ず全ての県に存在しているわけではありません。
それに、専門分野の事を学びたいと思っていても講座がない場合もあるので、事前にチェックをしておく必要があります。

専門看護師の認定証というのは5年ごとに更新をする必要があります。
これには、実績や研修、書類審査などがあるために看護師になってもに認定証の為には勉強をし続ける必要があります。

実際に自力で看護師になる場合には、かなりの時間が必要になってきます。
看護師になるために何もせずに勉強の没頭する環境であれば問題はありませんが、病院で学びながらとなるとかなりの覚悟が必要になってきます。

もし看護師の合格をしても自分で活躍をしたいという分野がないかもしれません。
そんな時には、看護師求人サイトを活用すると便利です。
看護師の転職などに多く活用されている為に信頼性のある求人サイトなので、資格取得をした時にはぜひ看護師求人サイトを利用をしてみてください。

2012年10月 8日 (月)

看護師帆職場は限られた場所だけではない

看護師の職場は、病院やクリニックだけではなく、現在ではいろいろなところで看護師を必要としています。
介護関係の職場でも多くの看護師求人が多くありますし、大きな会社には医務室がある場合も多く、そこでも看護師が必要とされているのです。
医務室での看護師の仕事は、外来患者を扱っている看護師と同じような仕事内容は中心となっていますが、ほかにも、社員の健康管理に対するサポートも行っています。
他にも、看護師養成学校の講師として看護師の資格を持っている人が講義をすることもあります。
看護師になるための必要なノウハウをや知識を教えるには適した人材であると言えます。
また、学校には保健室があり、保健室には看護教諭がいますよね。
この看護教諭も看護師免許を取得している人が行なっている場合があります。
学校における看護師の仕事としては、生徒たちの健康指導はもちろんですが、先生の健康管理についても行う場合もあります。
看護師の職場は、病院などだけではないので、自分にあった環境をみつけて活躍できるといいと思います。
看護師として転職するのであれば、看護師転職サイトなどの利用が便利です。
自分が生き生きと仕事が出来る職場を見つける近道となってくれますよ。

2012年10月 6日 (土)

看護師の勤務は大変

看護師の仕事にやりがいを感じている方も多くいると思います。
今回は、看護師の勤務形態について紹介したいと思います。
看護師の勤務形態には、2交代制と3交代制があります。
2交代制の場合には、夜勤の勤務時間が12時間以上ととても長い勤務時間となっています。
拘束時間が長いことで寝不足にもなりますし、身体への負担も大きくなってしまいます。
2交代制のメリットとしては、担当の看護師が長時間勤務することで、患者さんが感じる不安を取り除くことができ、安心感や信頼感を与えることができるのです。
また、看護師にとっても夜勤明けはお休みになるので、3交代制の看護師に比べると休日の予定も立てやすくなります。
最近では、3交代制を行なっていた病院でも2交代制を取り入れるなど、2交代制へ切り替える病院が増えてきています。
また、看護師への負担を少しでも少なくするために、いろいろなシフトの組み方を試している病院もあります。
病院側としても、看護師や患者の負担を減らす努力を行っているのです。
看護師をしていて、病院の勤務体制に不満があるようであれば、転職を考えてもいいのではないでしょうか。
自分のライフスタイルに合った職場を見つけることも大切打と思います。
転職を考えているのであれば、看護師求人サイトが便利ですよ。

2012年10月 4日 (木)

看護師に多い「燃え尽き症候群」とは?

『燃え尽き症候群』という言葉を聞いたことはありますか?

燃え尽き症候群というのは、高い目標をかかげて全力を注いでいた人が、ある日突然、級に燃え尽きてしまい、仕事へのやる気を喪失してしまうという病気です。

過度な緊張が長らく続いていたり、強いストレスを感じる日々が続いているにも関わらず、それらを乗り越えようと頑張りすぎてしまい、ついには重いストレスや緊張に耐えることが出来なくなって燃え尽きてしまうのです。
この燃え尽き症候群は、理想の高い人・完ぺき主義な人・仕事を頑張りすぎている人によく見られる症状です。
色々な職業の方に見られる症状ですが、特に、福祉や教育、医療の現場に多く見られ、看護師の方にも多く見られる症状なのです。

仕事に就いたばかりの新人よりも、中間クラスの看護師の方がなりやすいようです。
周囲の期待に応えなければと、目標をはるか高く掲げてしまったり、重圧感に押しつぶされてしまうようですね。
自分の理想と現実とのギャップに落ち込み、看護師という職業自体を辞めてしまう方もいるようです。

この燃え尽き症候群にならないためには、一人で悩まずに、気分転換を上手に行なっていく必要があります。
自分を追い込みすぎずに、肩の力を適度にぬいて仕事に望むことが大切なんですね。
職場環境が悪くて自分を追い込んでしまう場合は、他の職場への転職も一つの手でしょう。

2012年9月20日 (木)

看護師のお給料事情

最近は看護師不足というように看護師になる人が減ってきています。
看護師のお仕事はきついという事と、条件からくることが理由でしょう。
最近では、男性も看護師になれるようになりましたが以前は女性だけでした。
女性には、結婚や出産がありますからそれを機に看護師の仕事から離れるという人も多いのです。
お給料はいいけど、夜勤や日勤の繰り返しや汚い事もお仕事にはあります。
そんな、中で看護師という仕事にやりがいを感じている人もいますがお給料がいいから看護師を続けているという人も多いのではないでしょうか。
お給料の面で看護師から看護師へ転職をする人も多いようです。
そんな看護師求人もたくさんありますから、看護師は転職に困ることが少ないようです。さて、そんな看護師のお給料ですが看護師は新人の頃から月給20万以上もらえるという所も多いようです。
昔は、看護師でなくてもそのくらいのお給料を貰える女性もたくさんいましたが、最近は不景気という事もあり、月給20万円なんてもらえる人はとても少ないのが現状です。
地方なんかでは、10万円ちょっとという所がほとんどです。
また、20代・30代の女性では27万円くらいから50万円なんていう高額給与の所もあります。
年収500万円~900万円なんていう看護師さんもたくさんいます。
病院によっても条件が違うと思いますが、看護師のお仕事は普通のOLさんよりも高収入といっていいでしょう。

2012年9月18日 (火)

会社員から看護師へ

看護師になりたいけど、もう社会人だから…と諦めてしまっていませんか?
看護師ではなく一般の企業に勤めていた方が看護師に転職するというのは、今はそれほど珍しいことではありません。
30代、40代、50代になってから新たに看護師への道を目指すという方は、意外にも多いのです。
なぜ、一般の企業に勤めていた方が新たに看護師を目指すのでしょうか?
その背景には、看護師という仕事の安定さが大きく関係しているといえます。
看護師の仕事は、今とても需要があります。
そして将来的にもっと需要の増えていく仕事でしょう。
女性は、結婚や出産を経てしまうとどうしても仕事を見つけにくい状況に置かれます。
そんな中で、看護師の仕事というのは、資格を取得すれば就職先に困らない業種といえるのです。
年齢制限のある病院などもありますが、看護師の仕事は人間的な視点が重要となる仕事です。
なので、歳を重ねていることが不利になってしまう職種でもないのです。
年齢を重ねても安定して働ける仕事、そういったところが、看護師の仕事の魅力の一つでもあるのです。
なので、一般の企業などに勤めていた社会人の方が仕事を辞め、看護学校へ行って看護師資格を取得する人は増えてきています。
看護師求人サイトなどを見れば、中途で採用してくれる病院などもたくさんあります。
看護師の仕事は何歳からでも遅くはありません。

2012年9月12日 (水)

一般企業で働く看護師もいる

看護師の転職先=病院というのが一般的なイメージですが、看護師の転職先を病院だけに限定するのは、視野が狭いと言われるかも知れません。
看護師資格を発揮できる場は病院以外にもあります。
ご存じの方も多いでしょうが、一般企業でも看護師として勤務する事が可能なんです。
例えば治験関連の分野で活躍する。
こんな事も出来てしまうんです。
治験コーディネーターとして活躍する看護師もいたりするんですよ。
また、医療機器メーカーで勤務する看護師もいます。
医療機器メーカーのデモンストレーションを担当したり、医療機関へ出向き医療機器メーカーの使い方を説明したりします。
一般企業への転職は、今まで病院でしか勤務した事のない看護師にとっては未知の世界です。
しかし一般企業であれば夜勤もないでしょうし、土日休みで勤務する事も可能なので、良い条件であると言えると思います。
看護師転職サイトでは、こういった看護師求人も取り扱っています。
病院勤務以外を経験してみたい看護師は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。
待遇面でも好条件と言える求人がたくさんあるでしょうから、まずは気軽に求人検索するだけでも、転職してみたくなるかも知れません。

2012年9月 7日 (金)

やりがいのある精神科の看護師

一般の病院とは少し違うと言われていて、看護師求人や看護師の転職の際にあまり人気が無いとされる精神科の看護師の仕事内容について説明をします。
精神科には、外来受診のみのクリニックと入院施設が伴う精神科の二つがあります。
昔は精神科と言うと特別な場所と言うイメージがありましたが、最近ではメンタルクリニックとして、相談をしやすい場所に変わってきています。
精神科で看護師として働くと、医師の手助け、補助の仕事をすることが多いです。
通常の病院ではベットの数に応じて、看護師や医師の数が決まっていますが、精神の場合は100人の患者につき最低2人の意志がいればよいとされいているので、他の病院と比べると3割ほどしかいません。その為、一人で受ける患者の数が非常に多く、看護師への負担は非常に高いと言えます。通常では、検温や、血圧測定の仕事が多いとされていますが、精神科の看護師は、食事や排せつの補助も大切な仕事の中に入っており、投薬の場合もきちんと薬を飲んでいるかのチェックをする必要があります。精神科に転職を考えている看護師の人は、是非、コミュニケーション能力を高めて、やりがいのある仕事として頑張って欲しいものです。

2012年9月 4日 (火)

アメリカと日本の看護師の違い

日本では看護師の給料は優遇されていると聞きます。
医療の最先端のアメリカではどんな給料事情になっているのでしょうか??
実際にアメリカの看護師は、日本の看護師よりも高給料を貰う事ができます。
日本とアメリカの一番の違いは地位の問題です。
アメリカの看護師は、医療に事に関して医師など関係なく意見を行ったりできる環境になっています。
日本では、医師が先頭に立って医療を引っ張っているために看護師の立場は2番目になっています。
なので、これからの日本の医療にはアメリカの看護師の用な積極的な意見を述べる事ができる地位的な環境が必要になってくると思います。
そして、アメリカの看護師は夜勤や日勤がありません。
全てが分担になっているので、時間や仕事内容に余裕を持つ事ができます。
アメリカの看護師は勉強熱心で、看護師としての意識も高くなっています。
一方日本の看護師は過酷な労働をに負けてしまって、なかなかベテランレベルに達する事ができません。
アメリカと日本では看護師の質も意識も全く違っているのです。
このように、アメリカまでは好条件な病院は日本には存在しないかもしれませんが、今の病院よりも好条件で高優遇な病院に転職をしたいときには、看護師求人サイトを利用するといいと思います。
念願のアメリカ看護師に一歩近くなれるかもしれません。

2012年8月31日 (金)

看護師の非常勤について

実は、この言葉に法的な定義や区別はないのです。
正社員や、常勤者と区別するために、医療施設や病院で独自に決められている言葉なのです。

特徴としては、短期アルバイトや派遣看護師などのように、雇用期間を定めて、労働時間が正看護師より少ないことが多いです。
転職を求めて、求人情報を目にしたとき、非常勤看護師とは・・。

雇用期限は、明記されていませんが、時給や日給で雇われているパートの看護師全体を指していたりします。
その他にも、雇用期間が一年と決められていて、労働時間は、正看護師と同じ看護師を指していたりと、それぞれの求人のケースで、非常勤の扱いが微妙に違っている事がよくあるのです。
なので、就職や、転職をお考えの際。
非常勤というワードがでてきたら、きちんと条件を確認したほうがよいです。

確認しないまま、面接を受けたら条件が違っていた・・なんてことにならないためにも、非常勤という意味を把握する事が必要になってくるのです。

とは、言っても、おおざっばに言ってしまうと、正看護師以外は、非常勤というくくりで使われる事が多いので、やはり、求人票をチェックされる時は、より細かい、情報の確認が必要となるのです。

30代看護師でも転職できる

転職するのは若い人だけと思っていませんか?
もちろん、若い人の方が転職率は高いですが、30代でも転職を考える看護師はたくさんいます。
30代ともなれば看護師歴も長くなってくるので、20代の頃とは比較できないほど責任のある仕事を任せられたり、職場でのポジションが上になってきたりします。
「順調にランクアップしていれば転職する必要はないんじゃない?」と思う方もいるかも知れません。
ですが30代の看護師でも現状に満足していない看護師は多いのです。
しかし年齢の事を考えて、転職したい気持ちをうやむやにしてしまうケースも少なくありません。
「30代で転職しようとしても、採用されない」と決めつけてしまうのです。
けれども30代の看護師というのは、経験や知識の豊富なので病院にとって魅力的な人財なのです。
なので「30代だから」と言って転職を諦めてしまうのは良くありません。
看護師転職サイトにアクセスすれば、30代でも活躍できそうな看護師求人がたくさん見つかると思いますよ。
30代での転職を考える時に重要なのは、「どうして転職したいのか」です。
自分を見つめなおす為に時間をかけるのも悪くありません。
転職したい理由を見つけて行きましょう。

2012年8月24日 (金)

看護師の転職面接のポイント

看護師は、日本では看護師不足でありよほど条件がよく人が殺到しそうな医院でない限り、他の職種に比べて採用される確率は良いようです。
面接時には、リクルートスーツなどで身だしなみを整え、質問されそうな回答を準備しておきましょう。

看護師経験がある人は、しっかりと即戦力になれることをアピールしましょう。
他に、看護師になった理由や看護師としてどのような考え方で働きたいかという事も聞かれることが多いようです。
また、以前の病院の退職理由やどうしてこの病院を選んだのかという事も聞かれることがあります。

医療事故を防ぐために、どんな点を意識して仕事をしているかなども考えておきましょう。
その他、病院や働く環境での疑問質問をいくつか用意しておいた方がいいでしょう。
いずれにしても、前向きな姿勢、キャリアアップしたいなどといった明るい自分をアピールしましょう。
このようなしっかりした面接を行う所もあれば、顔合わせ程度で終わりという所もあり病院によってさまざまです。
面接の内容は、行ってみないとわかりませんのであらかじめ面接の準備をしておくことをおすすめします。

看護師の転職をサポートしてくれる看護師求人サイトを利用すると、希望の条件に合った病院を探してくれたりと時間がなくても転職活動をすることが出来ます。

2012年8月15日 (水)

看護師用語の単発って?

看護師にも単発のお仕事があるんです。
単発の仕事とは、数時間だけのお仕事や、1日だけ1週間だけなどの短い期間だけ働いて完結することをいいます。

看護師の単発の仕事であげられるのが、検診センターや検診クリニック、企業検診、住民健診での検針業務、産休看護師の代替え派遣業務など様々です。
ほかにも、デイサービスや訪問看護、障害者旅行などの旅行添乗看護などを行う場合もあります。

単発のお仕事は、自分の希望の時間に合わせて働くことができます。
なので、休職中であったり、週5日の勤務は無理だけど週1日ならば働けるという人や、夜間のみ働きたい人、正社員として働くことがムリだという人に向いています。
また、看護師として職は復帰を考えていて、感覚を取り戻したい人にも向いています。
単発の仕事の場合は、アルバイトや派遣といった雇用形態となります。
単発の場合の給料は、資格によって金額もさまざまですが、時給1500円~2500円程度で日給にすると、12000円から36000円程度となります。

働きたいときに働くことができるので、単発の仕事があると助かります。

単発のお仕事を探す場合には、ハローワークでと思うかもしれませんが、ハローワークよりも求人サイトの方が多く求人情報を取り扱っている場合がありますから、求人サイトも活用するといいでしょう。

2012年8月10日 (金)

看護師の再雇用特別措置とは?

看護師は、最近は男性もなれるようになってきましたが、昔は女性しかなれない職業だったので女性の数が圧倒的に多いです。
女性は、結婚や出産で仕事を離れないといけない機会が多くの女性にあります。
そんな時に知っておきたいことが、再雇用特別措置です。

再雇用特別措置とは、事業主が妊娠や出産・育児、介護を理由として退職した者について必要に応じ、再雇用特別措置を実施するよう努めなければならない。
という法律です。
育児等が理由の退職者であり、その退職の際にその就業が可能となった時に当該退職に係る事業の事業主に再び雇用されることを希望する旨の申し出をしていた者について事業主が労働者の募集または採用に当たっての特別の配慮をする措置の事です。

再雇用特別措置を妊娠や出産・育児、介護で仕事を辞めなければいけない状態になった時に申請しておけば、再就職の心配もなくお休みすることができますし、再就職の色々面倒なことも避けられます。
また、今の職場が好きで辞めたくないけれど、妊娠や出産・育児、介護で一時的に仕事を離れなければならない時に大変便利です。
また、妊娠や出産・育児、介護を機に違う職場で働いてみたいという人もいるかと思います。

そういった人を支援しているサイトが、看護師求人サイトです。
あなたの条件に合った病院を探してくれたり、あなたをサポートしてくれ、転職時に役立つサイトです。

2012年7月31日 (火)

看護師求人が多い理由

看護師は、日本全国的に数が不足しています。
看護師免許を持つ人は多いのですが、その約半数が看護師の仕事に就いていません。

看護師のお仕事は、きついという事が一番の理由です。
看護師は、最近では男性もなれるようになったものの、昔は女性にしかなることが出来なかったので、女性の数が圧倒的に多いのです。
女性は、結婚を機に退職したり、出産のために長期お休みを取ったり退職したりと出入りが激しいのです。
それに、病院や医院によって働き方はさまざまです。

普通の会社員と同じように昼間勤務・土日休みや昼間の勤務・夜勤の不定期的な労働環境などがあります。
普通の時間帯に働ける個人医院などの求人は人気が高いのですが、夜勤などがある不定期的な労働環境の求人は、あまり人気がないようです。
こういったことから、夜勤のある病院などの求人が多いのです。
看護師不足も原因になっていますが、労働条件のいい求人に殺到し他の求人は残ってしまうという現象が起こるのです。

看護師さんの転職は、夜勤のある病院などがとても有利となってきます。
夜勤のある事に目をつぶれば、他の待遇はいいなどの好条件の仕事を選ぶ事が出来ます。そういった好条件の転職先を探すのは、看護師求人サイトがとても有利です。
自分の条件にあった病院を探してくれます。

2012年7月28日 (土)

看護師の円満退職方法

看護師のお仕事は、労働環境がきつい事や同じ職場の人と上手くいかない事やもっといい条件で働きたいという理由から転職をする人が増えています。
看護師のお仕事は忙しく、なかなか転職活動をする時間が取れません。

そんな時に便利なのが、看護師求人サイトです。
ハローワークのように平日の昼間しかやっていないという事はなく、仕事が終わった時間(あなたに合わせて好きな時間)に求人を見る事が出来ます。
また、時間のないあなたに代わってあなたの条件に合う求人を見つけてくれたり、再就職までのサポートも行ってくれます。
そのため、看護師の転職には大変有利にすすめられる事が出来ます。
その後に、大変な事が今の職場をどう円満に辞めるかです。
円満退職をするポイントはいくつかあります。

まず、事前に早ければ早いほどいいのですが最低でも1か月前までに辞める事を上司に報告しましょう。
辞めるタイミングを忙しい時期を避ける事も円満退職のポイントとなります。
直接の上司にまず相談をしてからその上の人に報告するようにしましょう。
退職日は、自分の希望を一応は伝えますが、勤務先に合わせる事が円満退職に結びつきます。

円満退職をするには、辞めるからといって勝手な態度や行動はなるべく控えましょう。

2012年7月20日 (金)

看護師免許

看護師になるためには看護師の免許が無いと仕事が出来ません。この看護師の仕事は国家資格です。
看護師の国家試験では10の科目の中から出題され、とても範囲が広いです。
人体の構造や病気になるメカニズム、克服に必要なものです。看護師の社会保障についても理解をする事が必要です。
基本的なことから、専門分野の多岐にわたり知識を求められます。この試験は、1日で行われます。試験は全てマークシートで行われています。四者択一です。
この看護師免許を貰う為の試験の合格率は9割ととても高いです。3年間の集大成ですからこの合格率は納得ですが、養成学校を卒業するにも試験があるので、こちらの方は難易度が高く非常に大変な試験となっています。
看護師の免許をとるには3年以上の勉強をする必要があります。最近では外国人の看護試験もあります。昔は、日本の実でしたがすでに海外で看護の資格を有する人が日本の看護の仕事が出来る為の処置です。問題は日本であるために、意味を理解するのも大変な事であり、外国の人にとっては、とても難易度が高い資格なのです。

2012年7月18日 (水)

看護師就職の現状

看護師として現在仕事をしている人は、49万人弱いると言われています。
大半の看護師が女性ですがその中でも男性の看護師は11000人程になっています。
看護師の仕事の現場は今後も大きく発展してくると言われています。
高齢化社会になって来ている為に、介護に関する業務の需要が高まってくるとしているからです。
看護師になったら病院やクリニックで仕事をするのが当然のような雰囲気もありました。
しかし、近年では介護の現場でも多くの人が実際に活躍をしています。
そして看護師の免許を持っているけど、復職をするきっかけがない人もいます。
それに、看護師の仕事はハードな仕事の為に一歩踏み出せなかったりお子さんがいるので、復職する事ができないなどの悩みを持っている人も多くいます。
そんな時には転職サイトを利用するといいと思います。
転職サイトを利用する事によって、自分の希望をする条件を伝える事で看護師の仕事を探してくれます。
通常一般公開していない看護師求人を持っているのが転職サイトの一番のメリットです。
それに、就職先がみつかるまでサポートをしてくれます。
時間をかけずに自分の希望条件で看護師として働ける事は凄くメリットになってくると思います。

2012年7月13日 (金)

看護師の年収について

平成22年度の看護師の平均月収は32万円でした。推定ボーナスは450万円です。これらの金額は毎年横ばいで上がりも、下がりもしていません。看護師の仕事と言うと、女性の職場のイメージが非常に強いです。実際には90%以上が女性であり、この女性の平均年収は200万円台後半ですので、看護師の仕事は高収入と言えます。
とても給料が高くて羨ましいですが、仕事はいわゆる3Kと言われています。1日フルタイムで立ちっぱなしの仕事ですし、夜勤や、深夜の仕事もあり、とても不規則です。また、情緒不安定な患者も多いため、苦情や不満が多く、しらふで対応をしなくてはいけないので非常にストレスが伴います。また、新しい技術が沢山入ってくるため、働いている限りは勉強をし続ける必要があります。その為看護師の仕事は精神面も体も強い人でしか勤まらないのです。それ故に、看護師の給料が高いのも納得ですね。看護師の職業のニーズはこれからもどんどん増えてきます。高齢化に伴って、看護師のニーズはどんどん高まっています。少ない病院では、深夜の仕事が増えてしまっている所もあります。一人あたりの看護師負担が少なくなるように改善をしてく必要が今後の課題です。

2012年7月10日 (火)

看護師の専門学校

看護師専門学校は看護学校として、専門の知識を学ぶことが出来る学校です。基本的には、全日制で3年間です。准看護師の人が正看護婦になるために通う2年生の学校も存在します。
看護学校では、講義のほかに
処置の方法や、注射の練習もあり実技も学ぶことが出来ます。実際に病院に出向き患者と接することもあるようです。この看護師の学校を卒業すると、看護師国家試験の受験を受けることができ、試験に合格することで正式な看護師になることが出来るのです。
看護師の専門学校は専門学校と位置づけされるものが多いです。
昔は病院で働きながら学ぶケースが多く、夜間高校もありました。今では、見かけません。最近では、大学を卒業した学生が看護師となり就職をすることも多くなっています。
通常の3年コースでは、看護師の受験資格は取れますが保健師や助産師の資格は取れません。保健師統合カリキュラムを利用すると保健師の受験資格も取れますが4年生の学校であり、現在、日本では10校あります。昔は養成学校や、高校の専門科からのコースもあり2年間で看護師の受験資格を貰えるところもありました。しかし、准看護師の価値が下がってきたために、どんどん少なくなってきています。

2012年7月 4日 (水)

働きながら看護師になるには

社会人になってから正看護師の資格を取得したい場合には、会社を辞めて看護師の専門学校や看護大学に進学をするという方法で、正看護師になるための国家資格を取得する方法がありますが、会社を辞める事によって収入がなくなってしまいます。
金銭的にも、大変になってくる場合もあるのでこういった時には働きながら正看護師の免許を取得すると効率がいいと思います。
働きながら正看護師の免許を取得する時には、看護助手の求人をしているクリニックや病院を探すといいと思います。
准看護師の学校の学費を病院側で支払ってくれる事もあります。
しかし、条件もあって一定の期間仕事をしなければいけない場合もあります。
そして准看護師の免許取得後に、正看護師になる為の勉強をするという方法になってきます。
看護と仕事を両立する事は、費用の面や医療現場で学びながら勉強をする事ができるので、一人で学校に通いながら勉強をするよりも効率的には凄くいい環境で、自分にとってもメリットのある事だと思います。
しかし、仕事をしながらなので勉強をする時間が制限されたり両立をしながらの場合は覚悟も必要になってきます。
なので、ただ社会保障がいいからなどの利用で正看護師を目指すという覚悟では正看護師になる事を諦めた方がいいと思います。

2012年7月 2日 (月)

看護師として働く場所選びで資料請求

看護師としてある程度働きたい病院が決まって来たら、その病院に直接資料請求をして見るといいでしょう。
この資料請求は、最後の1社に決めてから行わなくても、どうしても決める事ができない場合にも効果的です。
看護師になって色々な希望やこんな病院で仕事をしてみたいなという理想もあると思います。
なので気になった病院には全部資料請求をして比較してみるものいいいと思います。
そしてクリニックや病院で看護師として働くには、就職試験に合格をしなければいけません。
自分だけがこの病院で働きたいと思っても、合格しなければ意味がないのです。
あとあと面接などもあると思うので、病院の特徴やメリットなどを把握する事によって有利な状況になっていくと思います。
資料請求に関しては、はがきで請求をするのが一般的になります。
病院によっては、案内のパンフレットを一緒に同封してくれたり、看護師の就職試験の案内なども入れてくれる病院もあります。
なので、色々な病院に資料請求をしてみて、実際に医療と関わるにはどいう環境がいいのかを自分なりに考える事で長く働く事ができると思います。
理想ばかりを持っていてっは、看護師としての仕事をやっていく事はできません。
ある程度の覚悟を持って働く環境を見つけてほしいと思います。

2012年6月16日 (土)

看護師募集を活かす

看護師の仕事に復帰したいとか違う病院でスキルアップをしたい人が増えて来ています。
それに、看護師という仕事は女性がメインの職場になっています。
その為に、働く現場の環境が悪かったり、トラブルになって辞めいってしまう人も多くなっています。
この結果、最近では看護師の募集も増えて来ています。
看護師の仕事は病院にとってなくてはならない存在です。
医師の片腕となって、患者さんのケアや術後の経過などのお手伝いをしなけれないけないからです。
看護師のは重労働で勤務時間も女性にとってはハードな仕事かもしれません。
しかし、医療は無くてはならないものです。
その為に、看護師の人手不足をなんとか解消しなくてはいけないのが現状の日本の課題になっています。
看護師不足に伴って、医師不足にもなっている現在どうしてもハードという仕事というイメージが根強くなっています。
それに、看護師の仕事は患者さんとのコミュニケーションも大事です。
話をする事で体調がわかってきたり、患者さんとの信頼関係を築く事ができます。
看護師募集の条件は高待遇されて来ているので、今の日本の医療環境を立て直す為にも、どんどん医療現場で活躍をしていける日本の環境体制を整えていくことを願っています。

2012年6月14日 (木)

看護師とは?

看護師とは、医者の指示を受けて患者の入院生活だったり術後のケアなどをしています。
病院の施設のなかで一番患者さんと接する時間が多いのが特徴になっています。
そして看護師として仕事をしたいと思ったら病院や介護施設、保健所、訪問看護の仕事で活躍をすることが出来ます。
一番多いのが病院勤務と思っている人も多いかと思いますが、最近背は高齢化社会になってきた為に、介護施設など高齢者のいる現場で仕事をする人が多くなっています。
看護師の仕事は働く環境によっても違ってきますが、体力が必要になります。
患者さんのリハビリや入浴の介助など色々な面で女性の力では賄う事ができない事も多々あります。
なので、重労働な仕事としても有名です。
しかし、こうした介護や患者さんとの関わりを通じて凄く充実した生活を送る事ができますし、喜びもわかちあう事もできます。
そして、なんといってもたくさんの人とコニュニケーションを楽しむ事ができます。
話をする事で、今までの自分になかった知識を学ぶ事ができたり、たくさんのありがたい言葉を貰う事もあります。
時には支えて励ましの言葉を貰う時もあります。
こうした人間の支えあいを気づかせてくれるのが看護師の仕事です。