« 看護師の非常勤について | トップページ | やりがいのある精神科の看護師 »

2012年9月 4日 (火)

アメリカと日本の看護師の違い

日本では看護師の給料は優遇されていると聞きます。
医療の最先端のアメリカではどんな給料事情になっているのでしょうか??
実際にアメリカの看護師は、日本の看護師よりも高給料を貰う事ができます。
日本とアメリカの一番の違いは地位の問題です。
アメリカの看護師は、医療に事に関して医師など関係なく意見を行ったりできる環境になっています。
日本では、医師が先頭に立って医療を引っ張っているために看護師の立場は2番目になっています。
なので、これからの日本の医療にはアメリカの看護師の用な積極的な意見を述べる事ができる地位的な環境が必要になってくると思います。
そして、アメリカの看護師は夜勤や日勤がありません。
全てが分担になっているので、時間や仕事内容に余裕を持つ事ができます。
アメリカの看護師は勉強熱心で、看護師としての意識も高くなっています。
一方日本の看護師は過酷な労働をに負けてしまって、なかなかベテランレベルに達する事ができません。
アメリカと日本では看護師の質も意識も全く違っているのです。
このように、アメリカまでは好条件な病院は日本には存在しないかもしれませんが、今の病院よりも好条件で高優遇な病院に転職をしたいときには、看護師求人サイトを利用するといいと思います。
念願のアメリカ看護師に一歩近くなれるかもしれません。

« 看護師の非常勤について | トップページ | やりがいのある精神科の看護師 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442565/46898042

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカと日本の看護師の違い:

« 看護師の非常勤について | トップページ | やりがいのある精神科の看護師 »