« 新生児集中ケアは今後重要になってくる | トップページ | 転職に失敗しないために »

2012年11月 3日 (土)

正看護師と准看護師の違いって?

正看護師と准看護師の勤務体系は大きく違います。
多くの場合、責任者は正看護師が担当し、准看護師が高い評価を受ける場面は少ないのが現状です。
緊急時に正看護師しかできない対応も多くあり、さまざまに制約を受けます。
スキルアップを目指すなら正看護師の資格は不可欠です。
准看護師は二年生、正看護師は三年生の学校に通います。
准看護師は都道府県主催の認定試験を受けますが、正看護師は国家資格で難関です。
さらに、准看護師は中卒でも取得可能ですが、世論で反発があるので廃止になる可能性があります。
このような中で准看護師の募集が減り、正看護師の求人しかしていない病院もあります。
また、正看護師になると助産師にスキルアップできるメリットも見逃せません。
一生の職業として看護師を選ぶのであればやはり正看護師を目指しましょう。
正看護師になることで転職先の範囲も大きく広がります。
また看護師は女性に多い職業です。
女性の多い職場は人間関係が複雑化する傾向にあります。
看護婦の仕事そのものが肉体的にも精神的にも過酷であり、そのうえ人間関係のストレスも重なると一つの職場で長く務めることがつらくなってしまいます。
よりよい環境で仕事ができるように看護婦転職サイトで求人をさがしてみるのもよいでしょう。

« 新生児集中ケアは今後重要になってくる | トップページ | 転職に失敗しないために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442565/47575317

この記事へのトラックバック一覧です: 正看護師と准看護師の違いって?:

« 新生児集中ケアは今後重要になってくる | トップページ | 転職に失敗しないために »